LET IT DIE(レット・イット・ダイ)攻略まとめwiki

Top / 【無課金攻略ブログ】設計図交換はアリ?ナシ?リサイクル機能のポイント効率を調査!

【無課金攻略ブログ】設計図交換はアリ?ナシ?リサイクル機能のポイント効率を調査!


⇒前回の日記はこちら:問答無用で敵を拘束!スタンロッドはヘイター対策に必携!?

無課金でもリサイクル機能は活用できるのか!?

2017年9月7日に、設計図&デカールのリサイクル機能が追加されたのはご存知でしょうか?

なんでも、ダブった設計図や不要なデカールをリサイクルポイントに変換でき、集めたポイントで各種レアメタルが手に入るとか!

ちょうど前回スタンロッドの設計図を狙ったことで、手もとにはダブった設計図がドッサリ。さっそく自動販売機でポイントに変換してみました。

risa.jpg
▲ギュイーンと飲み込まれていく設計図。巻き込まれたらシャレにならない。

かくして、早々に2200ポイントも稼ぐことができました! 星3設計図、11枚ぶんです。

「これでひとまず、青~緑系レアメタルくらいは手が届くのでは?」と、交換アイテムページを見てみると……、

risa2.jpg
▲青系レアメタルすら50000ポイントだと!?

まさか、最低レア度にすら遠く届かないとは思いませんでした。

赤系レアメタルにいたっては、12万5000ポイント。星3設計図にして625枚ぶんです!

すると、仮に設計図だけでポイントを稼ごうとした場合、各レアメタルのゲットには何時間かかると言うのでしょうか?

これまで、設計図集めの効率を考えたことなど一度もありませんでしたが、この機会に調べてみようと思います!

前代未聞の設計図集めに挑む!

設計図&デカールの、レア度別変換ポイントは以下の通り。

レア度設計図デカール
星1505000
星210010000
星320020000
星4-50000

やはり、ポイント効率はデカールに軍配が上がります。

しかしながら、使いみちのない設計図がレアメタルに換わると思えば、多少の苦労は惜しみません。

さっそく星3設計図を狙い、21F:アカミから探索をスタート。1時間あたりの獲得枚数を調べていきます。

ちなみに今回は、宝箱探しに便利なデカール・トレジャーハンターを装備。

risa3.jpg
▲未開拓エリアの宝箱や、エスカレータの場所まで表示されます!

デカールの力も借りてサクッと21~29Fまでの10フロアを探索し、ちょうど1時間が経過。

待合室に戻ってデスバッグを確認してみると……、

risa4.jpg
▲星3設計図を、17枚も集めることができていました!

あくまでも体感ですが、今回の探索では25F以降であまり設計図を見かけませんでした。

星3設計図を集めたい場合は、21F:アカミ~25F:カニエを周回するだけで十分かもしれません。

設計図は売ったほうがマシ!?

今回、星3設計図を集めてみた結果、1時間あたりの獲得数は17枚でした。

リサイクルポイントに換算すると17×200=3400。これを参考にした場合、各レアメタルの交換に必要な時間は以下の通り。

  • 青系レアメタル……約14.7時間
  • 緑系レアメタル……約22時間
  • 黒系レアメタル……約29.4時間
  • 赤系レアメタル……約36.7時間

1個あたり数十時間かかるとなると、やはり設計図だけでレアメタル交換を目指すのは諦めるべきかもしれません。

そもそも星3設計図の売却額は、多くが1200キルコイン。

risa5.jpg
▲そして、赤系レアメタルは逆噴射にて50000キルコインで購入できます。

つまり、星3設計図を売って得たキルコインで逆噴射から購入すれば、わずか42枚ほどで済むということ。

ポイント交換で狙う場合は625枚必要なので、14倍も手間がかかってしまいます。

結論を言うと、あくまで設計図に関してはリサイクルするより売ったほうがマシ

とは言え、“4 FORCEMEN”装備などの星6設計図だと、もしかしたらポイント還元率のほうが勝るかもしれません。

被ってしまう可能性は考えたくないところですが、機会があったらぜひ試してみようと思います!

⇒次回の日記はこちら:祝☆TGS2017出展!ファン垂涎のノベルティ4品を根こそぎゲットせよ!

初心者向けページ一覧



スマートフォン

トップトップ   バックアップバックアップ リロードリロード   一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS